キッチンつまりを発生させないための予防策とは

キッチンつまりを発生させないための予防策とは

トラブルが起きないように対策をしよう

 トラブルが起きないように対策をしよう


キッチンは、つまりを起こすことがあります。
悪化すると全く流れなくなり、シンクから溢れ出してくる恐れがあるため、できるだけ詰まらせたくないと思っている人が多いのではないでしょうか。
キッチンのつまりを起こさせないために、予防策について知っておきましょう。
予防策を実施する上で大切なことは、普段の使い方です。
排水口にそのまま食材のカスなどを流してしまっている人は、ゴミ受けを設置したりネットを活用したりして流れていかないようにしてください。
キッチンの排水口は構造上、下水に食材のカスなどの固形物が流れていかないようになっています。
しかし、少しくらいであれば流れていくだろうと思っている人もいるのではないでしょうか。
細かいものでも積み重なると、蓄積されて大きなつまりを引き起こすため、小さいものでもできるだけ流さないように対策することが大切です。

液体系も流してはいけない


 液体系も流してはいけない


油も極力流さないように気を付けることも大切です。
調理後にフライパンに付着した油が流れていくのは仕方のないことですが、揚げ物をした時に残った油をそのまま排水口に流し込んでいる人もいるのではないでしょうか。
液体であるため、問題ないイメージがありますが油が流れていくのは温かいうちです。
冷えると固まり、排水管に付着して詰まらせてしまいます。
適切な油処理を行い、家庭ごみとして捨てるようにしてください。
また、普段からお掃除をしてヌメリなどを取り除いておくことも大切です。
衛生面のことを考えても、食品を扱う場所は清潔に保っておかなければなりません。
受け皿に溜まった生ゴミは毎回取り除くことや、洗剤を使って付着した垢、カビ、油汚れなどを除去しましょう。
1週間に1度は重曹とお酢を使って排水口のヌメリを除去しておくと良いかもしれません。
頻繁にお掃除をしているとつまりにくくなります。
このように様々な予防策がありますが、普段から気をつけていてもトラブルが起きることがあります。
排水がスムーズにいかないと思ったときは、すぐに対処しましょう。
素人では解消できないほど重症化してしまった場合は、水道工事業者に修理を依頼することが大切です。

どんな小さな事でもお気軽ご相談ください。
京都全域対応
0120-300-330
出張見積り依頼・ご相談